ホコリ……?! いえ、高品質な新茶葉の証です!

なるほど!お茶トーク comments(0) - 主婦♪こまき

JUGEMテーマ:お茶を楽しむ生活


急須でお茶を淹れたとき、ふわふわと水面にホコリのようなものが浮いている。
そんな経験をされたことはありませんか?

これ、ホコリではありません。
「毛茸(もうじ)」と呼ばれるもの。
その茶葉が、高品質な新茶であることを表しています!!

毛茸の正体は、茶葉の裏側にあるうぶ毛です。
新しい芽を守るため、ついているもので、
茶葉の成長に伴い、その役目を終え、次第になくなっていってしまいます。
つまり、お茶を淹れたときに毛茸が浮かぶ……ということは、
その茶葉は、新芽の時期に摘まれたということ。
そしてそれは、栄養価が高い、ということにもつながります。
最高の時期に摘まれた茶葉、かつ、栄養価が高く美味しい茶葉は、
当然のことながら高級であり、高価。
毛茸こそ、良いお茶の証、なのです。

お茶を頂くときに毛茸が浮く。
これは、最高のおもてなしとも言えますね!
そんなお茶を出して頂いたのなら、感謝を忘れずに。
そして自分自身も、

大切な人をおもてなしする際には、毛茸の浮くお茶をお出ししていきましょう。

これこそが「日本の心」なのです。

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM