ヨーロッパにお茶が広まったきっかけは、まさかの……

なるほど!お茶トーク comments(0) - 主婦♪こまき

JUGEMテーマ:紅茶・コーヒーを楽しむ*

 

先日、「茶の博物誌ー茶樹と喫茶についての考察ー」ジョン・コークレイ レットサム著 という本を手に取りました。

サクサクっと読んだところによると、

茶がイギリスに普及し、生活必需品となった理由のひとつに、「生水が飲めない」という事情があったのだそうです。

 

というのも、ヨーロッパは、日本に比べて河川が格段に長いのが特徴です。

すると、水の中に多くの炭酸カルシウム・炭酸マグネシウムが溶けだしてしまい、硬水となってしまいます。

ところが、飲用として適しているのは、軟水。

つまり、「ヨーロッパの生水は飲みにくい。」……というワケ。

 

そのため、ヨーロッパでは、牛乳やワインなどが普及することとなるのですが、それらには困った点がありました。

例えば牛乳。

加熱しても保存が難しく、1日程度しか持ちません。

では、アルコールはどうでしょう。

もちろん、保存は効きます。

しかし、酔ってしまいますので、お仕事に不都合が生じてしまうのです。

 

そう!

だからこそ、お水を美味しくし・日持ちし・酔わない「お茶」が、ヨーロッパ中に一気に広がったのです。

夢の飲料が誕生した瞬間……だったのでしょう!

 

Check
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM